読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【公式】金沢屋フランチャイズ加盟募集ブログ。張替本舗金沢屋は、襖・障子・網戸の張替専門店です。

【公式】フランチャイズで独立するなら襖・障子・網戸の張替専門店「金沢屋」。よくある口コミ評判の質問にもお応えしています。お気軽にお問合せ下さいませ。すべては、お客様に喜んでいただくために。

畳の大きさは?

こんにちは、金沢屋本部です。

今日は畳についてお話します。

みなさんは畳の大きさは日本全国同じだと思いますか?

 

実は、、、関東あたりから北と関西より南とでは大きさが少し違います

おおよそでは1畳(910mm×1820mm)です。

私も、寸法を必要としたときはだいたいその大きさでよく考えます。

 

しかし、畳には江戸間京間中京間があります。

 

江戸間、京間、中京間は名前の通り、関東(東日本)や関西(西日本)、

中部あたりで良く使われています。

それぞれは大きさが異なります。

建築設計時の畳割り、柱割りという手法により畳の大きさが変わります。

その他にマンションなどでは団地間が採用されます。

 

江戸間は(880mm×1760mm)、京間は(約960mm×1910mm)と

若干京間が大きいです。

 

f:id:harikaehonpokanazawaya:20161115170411j:plain

 

畳のサイズは実際張り替える際、とても重要となります。

だいぶ傷んでいるからちょっと変えようかな・・・と

お考えの方もいらっしゃるでしょうし、ご加盟いただくと畳の張替依頼が

くるかもしれません。

そんな時のためにも!

みなさんぜひ、練習がてらご自宅の畳の大きさを測ってみてくださいね!

 

fc.d-kanazawaya.com

 

フェイスブックはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://bit.ly/2bTD1F0